So-net無料ブログ作成

長崎県亜熱帯植物園の閉園に私がこだわる理由 [長崎県亜熱帯植物園の想い出]

ブログ復活したと思ったら
立て続けに植物園ネタを
連発している私…

なんの関係があって
MILKさんはここまでこだわってるんだろう?(^_^;)
って思ってられる方もいらっしゃるかも

…という事で、今日はその理由についてお話しますね(^-^)
理由は2つあるんです、そのひとつは
この記事を読んでいただければ解ります

→長崎経済新聞の記事




長崎県亜熱帯植物園閉園1.jpg



この思い出話は、ゲスト出演したラジオで
まさか記事になるとは思わず
話したものなのですが

これを聴いていた、長崎経済新聞の方が
「この話にはストーリーがある」と言われ
この高校時代のエピソードを踏まえた記事を
書いてくださいました

サラッと話していたことが
まるで私の心を写し込んだかのように
見事にまとめられていて、ほんとビックリでした(@_@)

ちなみにこの記事は
Yahooニュースにもなりました
→その記事




長崎県亜熱帯植物園閉園2.jpg




植物園の景色を見るたびに
私はいつも “あの頃” の私
に立ち戻っていました

自分に起きてることなのに
よく把握できないような
…そんな何とも言えない感覚ですね




長崎県亜熱帯植物園閉園3.jpg




でも周囲の方々は
そんな私を何とか救ってくれようと
手を差し伸べてくれました

程よいドライブ距離で
お花がいっぱい咲いてて
あったかくて…「心が明るくなるかな~」
って考えてくれたのでしょうね

時期が集中したのは
見頃のお花がちょうどピークを
迎えていたからだと思います




長崎県亜熱帯植物園閉園4.jpg




記事にもありましたが
本当に植物園の存在は
私にとって周囲の方々の真心そのもので…

心を内側から
じんわり温めてくれるような
そんな気持ちにしてくれていました




長崎県亜熱帯植物園閉園5.jpg




私の場合はこんな想い出があるのですが
長崎の方々はみな何らかの思い出を
この植物園には持ってられたと思います

だからこそ
閉園までには一度行っておこうと
連日沢山の方々で賑わっていたのでしょう




長崎県亜熱帯植物園閉園前チラシ2.jpg




もうひとつの理由というのがコレです

私はこの植物園を会場にした
デジカメ講座の講師を
4年間務めておりました

チラシ中段の
「ながさき県民大学講座主催デジカメ講座」
ってやつですね(*^_^*)

イベントに出演される
アーティストの方々より
顔写真が大きくて恐縮です(^_^;)w




長崎県亜熱帯植物園閉園6.jpg



「ながさき県民大学講座」は
長崎県教育庁生涯学習課が事務局です

生涯学習課が公民館や県の機関・大学・
民間カルチャースクールなどと提携し、

県民の皆様に生涯学習の場として提供する…
それが、県民大学です




長崎県亜熱帯植物園閉園7.jpg




初めてこの講師のお話をいただいた時
私は大変驚き、そして嬉しく思いました

思い出深い植物園ではあるものの
社会人になってからは
そうそう行ける場所ではなかったのですが

私が講師の講座が開催される…となると
年間通して確実に
通う理由が出来た訳ですから(*^_^*)




長崎県亜熱帯植物園閉園8.jpg




植物園スタッフの方々は
私の事を「先生、先生」と呼んで
私に植物園での居場所を与えてくださいました

普段はフリーランスとして
独りで仕事をしている私は
“仲間” が出来たような気持ちになれて
とても嬉しかったです




長崎県亜熱帯植物園閉園9.jpg




記事の一番初めの写真は
最後の講座の時に写したものです

植物園に感謝の気持ちが
伝えられる写真を残しておきたいな…と思い立ち
横断幕は講座前日に、慌てて私が手作りしました(^_^;)

でもほんと、ダイレクトに
メッセージが伝わる写真になってる気がします…




長崎県亜熱帯植物園閉園10.jpg




植物園の周辺を見回しても
写真を生業とする者で
私より近い位置に居る方はいらっしゃらなかったので

やはり私が手持ちの写真で
植物園の思い出を残すべきでは…と思い
こうして記事を書いています

植物園にせめてもの恩返しですね(*'-'*)

あんまり連続すると飽きちゃうんで(^_^;)
このネタはぼちぼちにしますが…
これからも時折書きますので

宜しかったらどうぞ
おつきあいくださいね❀.(*´◡`*)❀.







コメント(12)  トラックバック(0) 

コメント 12

RANPO

お久しぶり。
お元気そうで、何よりです(^^)
今日、久々にブログを開いてみて気がつきました[exclamation]
想い出ある植物園の閉園、残念ですね。
私も、植物を育てるのが大好きなので、さみしく思います。
植物たちは、良いところにお嫁に行けることを願っています。
MILKさんのブログ、いつも楽しみにしていますので、これからも、たくさんアップしてください(^-^)/


by RANPO (2017-04-22 23:09) 

MILK

RANPOさん☆お久しぶりです(^-^*)/
何とか復活しましたよ♪嬉しいお言葉ありがとうございます!
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m

>私も、植物を育てるのが大好きなので、さみしく思います。
そうですよね~RANPOさんがご自身で、大きなハイビスカスの花を育てて、咲かせてられたのを見て、とてもビックリしました☆
今後の植物園が、良い形で終わっていくのを願っております(/_;)

by MILK (2017-04-23 00:27) 

YAP

胸にジーンとしみてくるお話でした。
そういう特別な思い入れもあったんですね。
単純に素敵な施設が閉鎖されるというだけでなく、MILKさんにとっての特別な場所が閉鎖ということで、寂しく思う気持ちも他の方々とは比べものにならないこととお察しします。
長崎オランダ村が場所を変えてハウステンボスという形で発展して今も多くの人から愛されているように、この植物園も安全な場所で復活してほしいですね。
by YAP (2017-04-23 06:39) 

MILK

YAPさん☆おはようございます(^_^)/

>胸にジーンとしみてくるお話でした。
ありがとうございます(*^_^*)
沢山の方々に支えられて、今の自分がある事を、改めて感じています。

今までこういったお話は、したことが無かったのですが
私の想いを理解していただくのには良い機会かと思い、お話させていただきました。

ほんとに…何らかの形で復活して貰えると
沢山の方々が喜んでくださると思います~(*'-'*)

by MILK (2017-04-23 08:07) 

spamania

思い出のお店や場所が閉店するのは
その思い出ごと無くなってしまうような気がして
とても寂しく感じますよね

社会人になられてからまた植物園に縁があったのは
偶然ではなく必然だったんでしょうね

花は一旦枯れて土になってしまいますが
種はいろんな土地に散らばり
また新しい花となって沢山の人々を
癒やしたり楽しませたりすることでしょう

植物園も一旦無くなってしまいますが
思い出の種はきっとどこかに根付いていくと思いますよ^^
by spamania (2017-04-24 07:10) 

rabbit

寂しいですが、沢山の人たちの心にいい思い出としていつまでも残しておきたいですね。
by rabbit (2017-04-24 09:38) 

のたま

この植物園にはちょっと切なくて、そして温かい思い出があったのですね♪さらにこの植物園をテーマにした写真教室を開催していたとなれば、愛情もひとしおですね(^-^)
写真一枚一枚に愛情を感じる理由がわかりました。生徒になりたかったです(^-^)
by のたま (2017-04-24 16:50) 

MILK

spamaniaさん☆こんばんは(^-^*)/

>その思い出ごと無くなってしまうような気がして
まさしくおっしゃる通りの気持ちですね~
思い出そうにも、その拠り所が無くなってしまう訳で…

でも社会人になってからも
ご縁があってほんと良かったです☆
やはり必然だったのでしょうね(*'-'*)

>植物園も一旦無くなってしまいますが
>思い出の種はきっとどこかに根付いていくと思いますよ^^
素敵なお言葉を、どうもありがとうございます♪
何だかとても心が癒されました(/_;)

by MILK (2017-04-24 19:20) 

MILK

rabbitさん☆こんばんは(^-^*)/

そうですね(^-^)皆さんの想い出とともに
心に留めておいて欲しいです(*'-'*)

by MILK (2017-04-24 19:22) 

MILK

のたまさん☆こんばんは(^-^*)/

>写真一枚一枚に愛情を感じる理由がわかりました。生徒になりたかったです(^-^)
愛情を感じていただけ嬉しいですね~どうもありがとうございます☆(*´∇`*)
私も植物園で、のたまさんと撮影ご一緒してみたかったです(^-^)
長崎で育つ亜熱帯植物…見て欲しかったなぁ…


by MILK (2017-04-24 19:27) 

sasakinouen

MILKさんと園との深い関わりがよくわかりました。

いつ訪れてもすてきな場所でしたが、私にとって特に思いだされるのは、小2で亡くなった息子が4才の頃訪れたときのことですね。
車が通らない広~い園内を、自由に思う存分楽しそうに走り回っていた姿が思い出されます。

MILKさんの写真を見ると、心おだやかになれますので、今回の特集は何度も見返しております。

この一枚目の集合写真も大好きです。
私も、「ありがとう植物園」 そして「ありがとうMILKさん」と言わせていただきます。

by sasakinouen (2017-04-27 02:54) 

MILK

sasakinouenさん☆こんにちは(^-^)

>私にとって特に思いだされるのは、
>小2で亡くなった息子が4才の頃訪れたときのことですね。
sasakinouenさんのそのような大切な想い出が
植物園には詰まっていたのですね…
息子さんのその時の笑顔が目に浮ぶようです。

>MILKさんの写真を見ると、心おだやかになれますので、
>今回の特集は何度も見返しております。
苦しい想いをされてきましたね…
私の写真で少しでも心癒されるのでしたら
私は記事を書きますので、またどうぞご覧くださいね。

>私も、「ありがとう植物園」 そして「ありがとうMILKさん」と言わせていただきます。
私にまで勿体ないお言葉をありがとうございます。
現実の植物園は無くなってしまいましたが
私のブログの植物園はいつでも開けています。
そしてこれからも続いていきますので、また是非ご訪問くださいね!

by MILK (2017-04-29 18:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。