So-net無料ブログ作成
検索選択

メダぴょん [ひとりごと]

以前ご紹介しました、我が家のペット
メダカの水槽に
毎朝エサを与えるのは、私の仕事です

はじめは上のお姉ちゃんの役目だったのですが・・・
朝はダーッと出かける事が多く
毎日「メダカのエサは?」 と尋ねることも
面倒になってきたのです

朝、うっかり聞き忘れてしまえば
「この子たち、エサ貰えたのかなぁ?」
って、どっちなんだか解りません
(慌てていても、エサやっていく時もある)

二度やりすると、エサが余ってしまい
スグに水が汚れる事になってしまうし・・・

・・・って事で、エサやりは毎日私の仕事です
こんな水辺の生き物とは、エサやりの時にしか
コミュニケーションなんて
取れないっていうのにね~(- -;)

そんな理由で、毎日メダカを観察する事になった私は
このメダカ群の偉大なる母 「メダぴょん」の
とんでもない異変に気づきました

彼女の子供達はまだ
彼女ほど体が大きくなっていないので
そのサイズで 「メダぴょん」の姿は
確認できていたのですが・・・

或る日、ふと気づくと、彼女の腰が次第に
曲がってきているではありませんかっ!

えーっ ?! メダぴょん、おばあちゃんになっちゃったの~?

                               ・・・ですよ (;^_^A


ほんの2ヶ月前の画像を見ていただければ
一目瞭然だと思うのですが・・・
   (おばあちゃんじゃなかった頃のメダぴょんは、コチラ→

始めは気のせいかと思っていたのですが
「なんか、泳ぎ方変わったよね~」
とは感じていた

でもね・・・
食欲はとっても旺盛なんです
背骨が曲がっていると、明らかに
他のメダカとは違った動きになるのですが

エサ撒いた途端
一番に泳いでくるのはメダぴょん!
我が子達を押しのけて
必死に尾びれを振って、水面のエサを目指します
この「元気さ」が、沢山の子孫を残せた源なのでしょう

                             

私はその日も、自分の子供達を
学校に送り出したあと
メダカの水槽にエサを撒きました

当然、いつものように
メダぴょんが真っ先に飛んでくるのだと
思っていたら・・・

・・・えっ、来ない・・・どうして・・・?

             ・・・えっ・・・えっ、まさか・・・

慌てて水槽の底を捜した私の目に
飛び込んできたもの

それは こちらに背を向けて
いつも隠れ場所に使っていた
小さな岩の陰に横たわっている
メダぴょんの姿でした・・・





あ・・・メダぴょん・・・
この岩陰に隠れるのが好きだったよね

魚にも 「お気に入りの場所 」があるんだって
メダぴょんは教えてくれました
人間と、さほど変わりない行動を
するものなんだって・・・

私は 泣きました
しかも大きな声を出して・・・
子供のように

私も今までずっとメダカ飼ってきているので
メダカの最期は随分と見てきました
エビさん達とも何度もお別れしてきて
経験も積んできているはずなのに・・・

大人になってからは
あまり声をあげて泣いたりは
しないものですが・・・
メダぴょんとの別れは辛かった

「もうすぐ死んじゃうよ」
というサインが無かったせいもありますね

危なくなったメダカは
たいがい前日くらいには、
普通に泳げなくなっています

メダぴょんも実は変な泳ぎ方、してたのかな・・・
いつも変な泳ぎ方だったんで、
気づけなかったよ

                         

この日、実は夏休み明けの始業式の日でした

私は、以前にもお話しましたが
辛い事、悲しい事などには、なるべく触れないようにして
生きていて・・・なかなか筆が進みませんでした

この日は久々に
傍に子供達が居なかったので
私は思いっきり泣いてしまったのでしょう

「母親」という肩書きを
着ていない時の私は
意外と崩れやすい人間でした


いつもだったら
子供達と一緒にお墓を作る私ですが
子供の帰宅まで
彼女をそのままにしておく訳にもいかないので
一人で桜の木の下に穴を掘りました

掘っている間も
ポロポロ涙がこぼれてきました

きっと私は、大きなペットは
飼えないだろうな・・・

思い出が多ければ多いだけ
亡くしたときの悲しみは
ものすごく大きくなるものだと
実感しました

でもメダぴょんは
私達家族に、とっても素敵な思い出を
残してくれたんだよね

素敵な思い出と
沢山の子供達・・・

大事に育てさせてもらうね

今まで本当に、ありがとう


よくよく考えれば
メダぴょんは、相当長生きをしてくれました
亡くなる前日まで
元気にエサに食いついていました

きっと、我が家の水槽の事も
気に入って暮らしてくれてたんじゃ
ないのかな・・・?

ね? メダぴょん・・・


nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 6

コメント 16

JOKER

JOKER@仕事でのたうち回っています
今日は授業参観+作品展でした・・・
明日は科学展の搬入です~~

メダカといえども,寿命のある身。これだけ丁寧に葬ってもらえれば,メダカも本望かなと思います。
MILK様,その感性,大事にしてくださいね!
合掌です・・・・
by JOKER (2007-09-06 20:27) 

MILK

JOKERさん、こんばんは~☆(^^)/
いよいよ2学期も始まり、忙しくされている姿が
目に浮かぶようです(^v^)

私も今日はもちろん!授業参観+作品展でしたよ~(o^∇^o)ノ
教室内はとっても暑かったけど・・・JOKERさん、毎日あれなんですね~
お疲れ様ですm(_ _)m
私、2年連続科学展入選経験ありですヾ(〃^∇^)ノ(親の助力ナシで!)
昔からちっこい観察ものが好きだったんですよねぇ(;^_^A

「たかがメダカ1匹くらいで・・・」
って思われそうな出来事ですが、暫く心が晴れませんでした・・・
でもこのブログで皆さんにお返事なんか書いていたら
次第に元気になっていったんですヨ(^^)

今日もコメント、本当にありがとうございます(o^-^o)
by MILK (2007-09-06 21:49) 

かっきー!

こんばんは~、かっきー!です(;_;)
今日は客先のサーバー室のエアコンの風に直撃されながら一日仕事して、更に体調悪化中です・・・。

先日の私の記事へのコメント、なんだかいつものMILKさんのコメントにしては勢いが無いなって思っていたら、こんな事があったのですね・・・。
気分が優れない中、いつもと同じようにコメントいただいてありがとうございましたm(__)m

数々の奇跡を起こしてくれた「メダぴょん」さん、とうとう旅立たれてしまったんですね・・・(;_;)
生き物の大小はありますが、やはり、毎日毎日餌をやって、可愛がっていたペットが旅立った時は誰しも、とても悲しくなるものです。

私も子供の頃、飼っていた愛犬(ジャーマンポインター)が亡くなったとき、とても悲しくて泣いたことがあります。
特大のみかん箱(その頃はまだ木箱も使ってました)に愛犬が愛用していた毛布を敷いて、その上に愛犬の亡骸を横たえ、好きだった食べ物と花を一緒にお供えし、蓋を釘打ちして、裏山の大木の根元に埋めて供養したのを思い出します(;_;)

「メダぴょん」さんが前日まで元気に泳いでいたのも、お気に入りの岩陰にひっそり隠れて旅立っていったのも、いつも大切に可愛がってくれたMILKさんを悲しませないようにって思ってのことなのかもしれませんね・・・。
by かっきー! (2007-09-07 00:13) 

EXOTIC-KIM

MILKさん、こんばんは♪

東京は台風で次第に風雨が強くなっております。いつもは寝てる間にいつのまにか過ぎていってることが多いのですが、今回は台風を目の当たりにしそうです(><)

今回の日記も心が和む話でしたね♪
メダぴょんには特に愛着があったんですね。この世は諸行無常ではありますが最期というのはいつもやはり悲しいもんです。

でもメダぴょんの分まで子供たちが生き続けることでしょう(^^)

私もペットは飼えませんね~。別れのときにすご~く落ち込みそうな気がします(^^i)
子供の頃飼ってた猫(ミーコ)は老衰してたのですが死ぬ前に姿を消しました。自分の最期にふさわしい場所を探したのでしょうか。メダぴょんは最期の場所がお気に入りの岩陰だったんですね。

と、しんみりしたのでここで場違いな話をひとつ。魚も人間と同じ行動すると書いてますが、私は諏訪神社の小猿を見てま~走る走る、元気全開でした。そんな彼らも食べ物を食べてるときだけはおとなしかったです。「ん、人間と変わらんの~」と思いました(^▽^)

メダぴょんが天国で幸せに暮らせることをお祈りしてnice投じます☆
by EXOTIC-KIM (2007-09-07 00:40) 

かふぇおれ

どんなペットでもお別れするのは寂しいですね(._.)
今は何も飼っていませんが
実家では鳥やワンコを飼っていましたので
旅だってしまった時は本当に寂しかったです。
(現在実家で生息しているのはメダカのみ^^;)
MILKさんの記事を読んでいたら思わずもらい泣き
してしまいました(^^;←年とると涙腺がゆるんで...(爆)
by かふぇおれ (2007-09-07 00:43) 

さち

愛着の深い浅いにかかわらず、生命がなくなるときの悲しさは同じように辛いですよね。私も最近、大事に育てていこうと思っていた大事な命をなくしたばかりなので、MILKさんのメダカさんの命がとても尊く感じました。

泣きたいときは、泣きましょう!
お母さんである前に、一人の女性なのですから。
by さち (2007-09-07 06:12) 

MILK

かっきー!さん、こんにちは(o^-^o)
エアコンの消し忘れ就寝から、エアコン災難、続いてますね~(;_;)
我が家でも、個人によって「快適温度」って違うので、エアコンの部屋では
上半身裸の主人の隣に、冬のはんてんを着込んだ長女が
居たりします・・・(゚∇゚ ;) 直撃はキツいですよね(- -;)
今日は体調、回復できるかな・・・?

>先日の私の記事へのコメント、なんだかいつものMILKさんのコメントにしては
>勢いが無いなって思っていたら、こんな事があったのですね・・・。
えっ・・・!そんな感じでしたか?
こうしてマメにやり取りしていると、
いろんな事が解っちゃうものなんですね(ノ゚ο゚)ノ
特にかっきー!さんとは、私がここに住みつく前からのお付き合いですものね♪
随分いろんなお話、しましたよね(*´∇`*)

「メダぴょん」の事も、前からご存知だった分
実感持たれたと思います・・・そうなんですよ、とうとう・・・
メダぴょんの子供達を、かっきー!さんが教えてくださった方法で
育てていく時がちゃんと訪れるといいのですが(;^_^A

かっきー!さんちは、わんことの関わりが多いから
お別れも又ひとしお悲しいのでしょうね・・・
ところで黒ラブ君は、どうなっているのでしょう???
by MILK (2007-09-07 11:32) 

MILK

kimさん、こんにちは(o^-^o)
東京の台風の様子、TVで見て心配しています・・・
無事過ぎてくれれば良いのですが(;_;)

>子供の頃飼ってた猫(ミーコ)は老衰してたのですが死ぬ前に姿を消しました。
>自分の最期にふさわしい場所を探したのでしょうか。
メダぴょんは最期の場所がお気に入りの岩陰だったんですね。
ミーコの話は、私も聞いた事あります(・・・って、ミーコが有名だった訳じゃない!)
猫は自分の最後に気づくと、姿を隠すものだと・・・何だか意味深い話ですよね。
メダぴょんも、やはり最後は自分の落着く場所に行きたかったんでしょうね・・・
それを考えるだけで、又涙が・・・(;_;)

>諏訪神社の小猿を見てま~走る走る、元気全開でした。
>そんな彼らも食べ物を食べてるときだけはおとなしかったです。
>「ん、人間と変わらんの~」と思いました(^▽^)
小猿と人間の子供・・・なんら変わりはないですね~(^-^;)
私も下の子が騒がしい時には、つい撒き餌をやったりします・・・
ブログ上では「思いやりのある物静かな子」みたいなイメージですが、
実際は・・・です(;^_^A
by MILK (2007-09-07 11:48) 

MILK

かふぇおれさん、こんにちは(o^-^o)

>現在実家で生息しているのはメダカのみ^^;
わぁ~♪ かふぇおれさんのご実家にもメダカ居るのですね~☆
世代を繋いで生きているのかな・・・?
うちのメダカは最後の2匹から、今の状態に持ち直し
それに貢献したのがメダぴょん・・・

沢山の仲間と飼ってた時は、♂か♀かも
知らないし、個体を見分ける事すら、メダカって困難ですよね(;^_^A
でもメダぴょんは最後の1匹になった時でも卵産んでたので
「あ~最後の1匹、♀だったんだ・・・」って解り、名前までつけました。

>MILKさんの記事を読んでいたら思わずもらい泣き
>してしまいました(^^;←年とると涙腺がゆるんで...(爆)
そうそう私も同じく涙腺ゆるんできてます~(^▽^;)
でも共感して涙が流せるって事は、人生経験も豊かになって
自分以外のものにも思いが及んでいるということ・・・!
素敵な事ですよね(^^) 優しいかふぇおれさん、
どうもありがとうございます(*´∇`*)
by MILK (2007-09-07 12:00) 

MILK

さちさん、こんにちは(o^-^o)

>私も最近、大事に育てていこうと思っていた大事な命をなくしたばかりなので、
>MILKさんのメダカさんの命がとても尊く感じました。
さちさん、ひょっとして・・・
(私、無頓着に「1万分の1」の記事などアップしてしまって・・・)
人生って、本当にいろいろありますね。
そして周りの方々とも、お話してみないと解らない事がいっぱい・・・

私はここでさちさんとお話出来る事、とても嬉しく思っていますヨ=^-^=

>泣きたいときは、泣きましょう!
>お母さんである前に、一人の女性なのですから。
本当にそうですよね(^^)
「母は強し」ですが、「母は女」です☆
でもどうして悲しみが込上げてくると、
人は声を上げて泣いてしまうのだろう・・・って思いました。
by MILK (2007-09-07 12:27) 

roko-papa

こんばんは、MILKさん。メダぴょん、残念でしたね。
「どんなときも忘れるな、子供の時の無邪気さを。それが一番大事なんだよ。」
映画『トスカーナの休日』の中のセリフです。
大人になるということは、小さな悟りの積み重ねであり、
現実を乗り越えてゆくことは、少しずつ大切な何かを失ってゆくこと
かもしれませんね。でもMILKさんは、大人になっても小さな命のために
涙を流すことができるなんて、大切なものを失わずとても素敵だと思いますよ。
そんなMILKさんに出会えた「メダぴょん」は、とても幸せだと思います。
by roko-papa (2007-09-07 19:06) 

MILK

roko-papaさん、こんばんは☆(^^)/
まだまだ残暑厳しいですが、だいぶ秋らしくなってきましたネ♪
お出かけにはもってこい!の季節、到来ですネ~(o^∇^o)ノ

>大人になるということは、小さな悟りの積み重ねであり、
>現実を乗り越えてゆくことは、少しずつ大切な何かを失ってゆくこと
>かもしれませんね。
とても、意味深い言葉ですね・・・(*’―’*)ミスチルっぽい♪
子供達の話なんかを聞いていると、自分に限界など設けずに
自由な発想で発言していて・・・そんな時、自分は
大切な何かを失ってはいないか、と考えてみたりします。

私はこう見えて(どう見えてるの?)
結構へこたれてる時間も多いのですが、roko-papaさんと
お話していると、とても元気をいただけます(*´∇`*) カンシャ!

「トスカーナの休日」まだ見てないです。
(映画、いつも見てませんね・・・(;^_^A )
今度思い切って自分の時間を纏めて作って、見てみようと思います(^^)/
by MILK (2007-09-07 21:47) 

JOKER

おはようございます^^
怒濤の一週間から生還しました。
長い長い一週間でしたね。
お子さんもきつかったのではないですか?

コマーシャルになるのですが,
昨日諫早文化会館に作品展示に行ってきました。
小中科学展です。
土日の開催ですので,良かったらお子さんと見に行かれたらいいと思います。力作揃いですので^^

という私は今日から明日までは千々石自然の家に修行(研修)に行ってきます。その帰り道に小ヶ倉で岩石採集(来週の授業の準備)です。
どこかですれ違うのかもしれませんね^^
ではよい土日を。
by JOKER (2007-09-08 06:28) 

MILK

JOKERさん、おはようございます~(^^)
今日から千々石なのですね~(o^∇^o)ノ お疲れ様ですm(_ _)m
下界はまだまだ残暑厳しいですが、自然の家は
きっと清々しい空気で一杯なのでしょうね・・・=^-^=

科学展も覘いてみたいですけど
この土日は、実家関係の事で潰れそうです・・・
科学展って、夏休み明けてスグにあるでしょ?
上の子が入選した時も、行きそびれてしまって・・・
(入選すら知らずに (- -;))

修行後の土産話、楽しみにしてますネ(^^)
気をつけて、いってらっしゃい!(^^)/
by MILK (2007-09-08 09:35) 

sak

いっしょにいた生き物がなくなってしまうって
ほんとうーに辛いですね。
昨日まであんなに元気だったのに...って。
by sak (2007-09-09 08:13) 

MILK

sakさん、こんばんは☆=^-^=

エビさんとのお別れの時もそうでしたが
本当に不思議に思います、何故昨日まで元気だったのものが
今日になったら動かなくなってしまうのか・・・?

この法則からは、私達だって逃れられない訳で・・・
だから身につまされるのかな?
せめて前日まで元気に過ごせていた事は
救いなんですどネ(^-^;)
by MILK (2007-09-09 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。